新着情報

LED照明

地球温暖化が叫ばれてからかなりの月日が経ちました。
しかしながら人類ははっきりとした成果を出せていないのが現状です。
そのような中で、「省エネ」「エコ」と言うことがいたるところで話題となっていますよね。
自動車ではハイブリッドカーが続々と登場するなど、人々は自分が省エネに貢献できることを進んでしたいと考えているのです。
その一つとしてLED照明があります。
人間の社会活動の中で照明に掛かるエネルギーの消費は全体の20~30パーセントもあるという調査結果もあります。
つまり、照明器具の省エネを進めることができれば、大きな効果が期待できるということです。
今までの照明器具としては白熱電球が多く、それ以外は蛍光灯です。
照明は人々の暮らしを単に照らすだけではなく、その光で穏やかな気持ちになったりもします。
単に明るければいいというものではなく、その微妙な色合いが重要視されるケースが多いということなのです。
蛍光灯は白熱電球に比べると、格段に消費電力が少なくなります。
ここ数年では白熱電球の形をした蛍光灯が販売されるようになっています。
価格も徐々に下がっており、一般家庭での使用も視野に入ってきたところです。
それでは、LED照明はどうでしょうか。
省エネ効果としては蛍光灯よりもさらに数段上を行きます。
また電球の寿命も4万時間という数字が一般的です。
現在のところLED照明は価格的な問題があり、普及するまでには至っていませんが、国策としてLED照明の推進が表明されていますから、これから増えて行くことは間違いありません。
 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る