新着情報

LED懐中電灯

懐中電灯はどこのご家庭にもひとつはあるのではないでしょうか。
一般的に乾電池を使用していて、豆電球を点灯させるようになっています。
プロ用の懐中電灯は現在ではほとんどがLEDを使用したものになってきています。
レスキュー隊や警察などでは明るい照明が長時間必要となります。
そのためには省エネ効果の高いLEDを使用した懐中電灯が適しています。
アメリカの軍などでも使用されているLED懐中電灯が国内でも販売されています。
もちろんすべてがLEDというわけではなく、用途によって様々です。
また、色も変えることができますから便利なのです。
日本の警察などで毎日使用されている懐中電灯はどのくらいに上るでしょうか。
乾電池ではなくバッテリータイプもありますが、それらも充電が必要となります。
温暖化防止の対策として、そのようなところに押さえることは有効ではないでしょうか。
LED懐中電灯使用することによって半分以下の電気で済むのであれば、確かに省エネ効果は大きいと言えます。
これからの温暖化対策は必要な照明を確保しつつ、いかに電気使用量を抑えていくかと言うことに係っているはずです。
家庭用であればなるべく使用しないということは可能です。
しかし、警察ではそうはいかないということです。
多くの人の人命に係るような時にのんびりとしていることはできないのです。
LEDは白熱電球よりも寿命が長くなりますから、その効果も合わせて期待できるのです。
最近少しずつではありますが、LEDの価格も下がってきました。
それでも電球を使用した懐中電灯に比べるとかなり高価なものになりますが、一般の方でも手に入れられるLED懐中電灯でも驚くほど強力なものがあり、手のひらサイズなのに300m先を照らせるようなものもあります。
非常時に備えて、引出の奥に眠っている懐中電灯の点灯確認を行ってみましょう。もし電球切れや故障しているならば、LED懐中電灯に替えてみてはいかがでしょうか。
 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る