新着情報

LEDのルームランプ

最近では、省エネ対策として、エコカーやハイブリッドカーを購入する方や検討している方が非常に多いと思います。
エコカーに乗っている方もそうでない方も自動車で省エネ効果を高める方法があります。
それは「消費する電力を減らす」です。
その一つとしてルームランプをLED化するというものがあります。
省エネというよりは、室内の雰囲気を変えるという目的でLEDランプに交換している方も多くいらっしゃいます。
一般的な車のルームランプには白熱電球が採用されています。
そのため点けたままにしておくとかなりの電気を消耗し、消し忘れてしまうとバッテリーが上がってしまうなんてことも。小さくても無視できないのです。
LEDと白熱電球を比較したときには電気は8分の1ぐらいになると言われていますが、明るさは逆にLEDの方が明るくなります。
もちろん、LEDのメーカーによっていろいろなタイプがありますから、実際に付けようと考えているのであれば、事前に調べておくことが大事です。
また、LEDの特徴である寿命は白熱電球の数倍になりますから、一度取り付けたら壊れない限り交換する必要はなさそうです。
最近では、LEDの価格もだいぶ下がってきましたが、それでも高価なものになりますし、ご自分での交換が難しい車種もありますが、ご検討してみてはいかがでしょうか。
 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る