新着情報

車のLED

自動車にはたくさんのライトが付いていますが、一般的なクルマであればランプが使用されています。
バッテリーの電気で点灯していますが、明るさを確保するためにたくさんの電気を消費しています。
ライトをつけたままにしておくとバッテリーが空になってしまうことは理解されているでしょう。
最近流行りのハイブリッドカーでは電気の消費量をなるべく減らすことが課題となります。
そのため、ランプをLEDにして寿命が長くし、消費電力を抑えています。
環境のことを考えるなら、交換を少なくすることで不要なゴミを減らすことが期待できます。
いろいろな点を考えるとLEDの方がお得と言えるのです。
また、半導体を利用することでいろいろな色を作り出すことができます。
ネオンサインのような照明も簡単にできるのです。
クルマ用のLEDは通常のカー用品店で販売されています。
車いじりが好きな人なら、自分で交換することも可能です。
クルマのヘッドライトなどの交換は車種によっては意外と大変です。
交換せずに済むようにLEDにしたいものです。
ハイブリッドカーであれば、消費電力は直接省エネに関わってきます。
少しでも消費電流を減らすことができれば、効果は表れてくるのです。
クルマの場合は、夜の運転も日常的です。
ライトの消費電流が10分の1になるのであれば、かなりの省エネになることは明白なのです。
単純な計算でも、5時間でバッテリーが空になるところが、50時間持つことになるからです。
 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る