新着情報

電子のスピードVS人の歩み

電線を伝わる電気のスピードはとても高速で、だいたい光の速度と同じくらいです。なので遠く離れた場所に電話するときもファックスを送るときもすぐ相手に届きますよね。
こんなお話をすると、電気は電線の中をものすごいスピードで移動しているイメージが浮かぶと思いますが、実は電子はとってものろまなのです。
通常の導線のなかで電子は1秒間に1cmも進めないのです。
ではなぜ電子が瞬時に電気を遠くに伝えることができるのでしょうか。
それは「水鉄砲の原理」と同じなのです。水鉄砲の一方をゆっくり押すと、反対側からすぐに水が噴き出しますよね。水自体の動きはノロノロでも「押した」という現象は即座に伝わるのです。これは距離が長くなっても同じですね。
のろまな電子が光の速さで信号を伝えられるのは、このような原理に基づいているからです。
 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る