新着情報

LEDで省エネ

末広電設では、地球温暖化の対策として省エネ対策が必要と考えています。
国や企業などで実施するレベルの対策でもありますが、LED照明が脚光を浴びています。
現在の白熱電球や蛍光灯に代わるものとなるからです。
LEDの省エネ効果は絶大で、蛍光灯の50%以上の削減ができると言われています。
人間の生活の中で電気を使用するものは、エアコンやテレビ、冷蔵庫が一般的に言われていますが、照明器具もかなりの電気を使用しているのです。
家庭内だけではなく、工場や駅、街角などいたるところに照明があります。
そして、それらはほとんど夜通し点灯されているのです。
日本中の照明を考えると、かなりの電気を使用していることが想像できますよね。
それがLED照明にするだけで半分になるのですから、国が注目するのも当たり前なのです。
LED照明は、誕生してからまだそれほど経っていないのでが蛍光灯などに比べると能力が劣る点もあります。
しかし、メーカー各社は新製品の開発に力を注ぎ、今までのLEDよりも格段に明るい製品が続々と出てきているのです。
LEDを制作しているメーカーとしては、かなりの量の需要が見込めますから、必死で開発しているのです。
これからの照明はLEDが主流になることは間違いありません。
もちろん、一気に照明が入れ替わることにはなりませんが、蛍光灯の寿命がきたものからだんだんと交換されていくでしょう。
国民の間にも省エネに対する意識の高まりがありますから、多少高くてもLED照明を購入しようという人が出てくるのです。
二酸化炭素排出量の削減に貢献することが期待されています。
末広電設でも、積極的にLED製品を扱っていますので是非ご相談ください。
 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る