新着情報

LEDの信号機

信号機は年中無休で点灯しているので、日本全国で考えるとその電気量は膨大なものなることが想像つくでしょう。
信号機は今までは電球を使用していましが、LEDが開発されたことで、LED化が急速に進められるようになりました。国からの補助も出るようになっています。
信号機の場合は電球が切れたからと言って簡単に交換することはできず、交換するにもまた人件費がかかってしまうのです。
日本中の信号機の変更を行うことで、省エネ効果は原油21万キロリットル分という膨大な金額だと言われています。
交換の作業も激減しますから、メリットは大きいと言えます。
省エネ対策として、いろいろなことが行われていますが、これは大きな目玉と言えるのです。
LED信号機が普及することで、国民の省エネ意識が高まることも期待されます。
電気をこまめに消すこと、消せない時にはLEDに変えると言うことでしょう。
 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る