新着情報

IH加熱のしくみ

近年、IH加熱炊飯器などの新しい加熱方式の電気調理器が人気ですよね。
特徴は、誘導加熱方式(Induction Heating)で熱を得ています。略すと「IH」になります。
この誘導加熱を利用する製品のしくみは以外に簡単で、基本的にはコイルと高周波電流発生装置だけからできています。
コイルに高周波の電流を流すと、時期がつくられ、乗せてある鍋などの容器に吸収されます。高周波電流の作りだす磁気は大きく変動するので、電磁誘導が起き、容器の底や壁に誘導電流が発生します。このとき、電子と原子の摩擦熱により、容器自体を加熱するのです。
このように、IH調理器は、容器自体をヒーターに変えるため、ほとんど熱が外に逃げず、効率よく高温の加熱が可能になるのです。
注意する点は、磁石がくっつく容器しか加熱できないということです。
逆にいえば磁石のつく容器でなければ加熱されないので、誤って手で触れても火傷をしないという長所でもあるのです。
 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る