新着情報

LEDと蛍光灯

照明器具の中で、最も消費電力が低いのがLEDです。
ですから、省エネ対策として大きな効果が期待できるのです。
照明と言うものは、日常生活の中でどうしても必要なものですよね。
家庭内だけではなく、公共施設や街角の街頭などいたるところに照明があります。
通常の照明としては、ほとんどが蛍光灯を使用しています。
白熱電球よりも蛍光灯の方が省エネ効果は高いですし、長持ちするからです。
しかし、地球温暖化対策としてさらにエネルギーの使用量を削減していくために、蛍光灯よりもさらに省エネ効果が期待できるLED照明に注目が集まっているのです。
蛍光灯と同じ形をしたLED照明はすでに市販されています。
LEDはその物理的な構造から、広い範囲を照らすことに難がありましたが、最近では、広範囲を照らすタイプのLEDも続々と出てきています。
LEDの場合は同じ明るさで蛍光灯の半分以下の電気で済み、寿命も格段に長くなっているのです。
蛍光灯と比べると、かなり高額に思えるかもしれませんが、電気代や交換費用などトータルで考えればコストパフォーマンスに優れています。
また、多少価格が高くても地球温暖化対策に貢献しているという意識が、LED照明の人気を集めている理由でもあるのではないかと思います。
蛍光灯を交換する時にはLED照明を検討してみるのもいいのではないでしょうか。
 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る