新着情報

洗濯機の節約術


洗濯機は洗濯物の量が80%前後の時が最も効率的に汚れが落ち、消費電力を少なくして洗うことができると言われています。
 
洗濯物を少なめで何回も洗濯機を回すと電気代が高くなることは勿論ですが、容量ギリギリに洗濯物を詰め込むのも洗濯効率の低下・電気代の無駄遣いになってしまいます。
 
汚れが少ない物は短時間コースを選択したり、汚れがひどい場合は最初に手洗いするなど、汚れ具合に応じて洗い方を変える工夫も大切ですね。
 
洗濯機に洗濯物を入れる際は重い衣類などを洗濯機の下側へ置くようにすると、洗濯機の中の洗濯物がよく回るようになり、効率よく洗濯物の汚れを落とすことができます。
 
また、洗剤を多く入れても洗浄力が大きくなるわけではありませんので洗濯機に入れる洗剤は適量を守りましょう。入れすぎはすすぎに時間が掛かり、電気代を無駄に使ってしまいます。
 
最近の洗濯機にはコースを選べる機能が付いている機種が多いと思いますが、汚れが余り付いていない洗濯物は「スピードコース」などの名称で洗濯すると稼働時間が短縮されるので電気代を節約することが出来ます。
洗濯物の汚れ具合に合わせてコース設定をするのが電気代節約つながります。
 
 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る