新着情報

掃除機の節約術


掃除機は、消費電力が大きい上、スイッチを入れた瞬間にもっとも電力を消費してしまいます。掃除途中で何度も電源をつけたり消したりすると、余分な電気代がかかってしまいますので、物をどかさなくていいように部屋を片付け、スイッチのオンオフの回数と、掃除機をかける時間とを減らすようにしましょう。
フィルターが汚れていたり、紙パックにゴミが溜まると吸引力が落ちてしまいます。こまめに掃除し、パックの交換を行なうようにしましょう。
 また、掃除機のパワー(吸引力)は、絨毯では「強」が適していますが、畳やフローリングは「弱」で充分です。場所によってパワーを使い分けるのもポイントです。

 

掃除機電気代節約術

     

  • 一般の家電掃除機には「弱・中・強」等の吸引力表示があると思いますが、
    今時の掃除機は「弱」でも十分吸引します。「弱」と「強」で数倍も違ってきますので不必要なパワーは避けましょう。
  •  

  • 最近ではサイクロン型掃除機を使用している方も多いと思いますが、フィルター付き・サイクロン型に関わらず1週間に1回くらいはフィルターや埃やチリが付きやすい部分をキレイにしましょう。
  •  

  • フローリングなどでふき取りが可能な床については掃除機の使用を避け水拭きしましょう。
  •  

  • 掃除機の使用は最後に使用するようにしましょう。他の片づけをして埃が出てしまうと掃除機を2回かけるようになるので。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る