新着情報

LEDの看板

ビルの屋上などでは、昔から宣伝のための「ネオンサイン」が光っていました。
その名の通りネオン管を使用して文字などを作っています。
蛍光灯と同じような仕組みですから、電気代はかなりかかってしまいます。
地球温暖化の対策として省エネが注目を集めている現代ですから、煌々と照らす照明を点けることは逆に自社のイメージを悪くするとも考えられます。
イメージ戦略と電気代の節約と言うふたつの効果を期待して、看板のLED化が進むようになってきました。
通常の看板は建物の高い部分に取り付けられますから、交換するだけで費用が掛かるのです。
昔はよくネオンサインの一部が切れた看板を見かけることがありましたが、あれは逆効果になるような気がしてなりません。
それに対して、LEDであれば寿命が長いですから、ほとんど交換する必要がありません。
LEDで看板を作ると言う技術はすでに確立されています。
どのような形や色であっても制作可能です。
ネオン管のようにひと筆書きにする必要もなく、消費電力が少ないですから熱を持つこともありません。看板はその役目から考えても、点灯しておく時間が長い照明と言えます。
設置工事の時に必要な費用は数年で回収できるかもしれません。
店舗を構えており、看板を取り付けているのであれば一度LEDの看板を検討してみてはどうでしょうか。
これからの時代にマッチしたものと言えます。
現在のLEDは価格が高くなっていますが、省エネが進むことにより価格低下も期待されます。
 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る