新着情報

自家発電の割合が大きい理由

現在、日本では電力需要の約12パーセントが自家発電だと言われています。
自家発電がこれほど普及している理由は、電力会社の電気代が高いということですね。
アメリカと比べると約2倍以上の料金差があるそうです。
 
特に、電力を大量に消費する企業では、高効率な自家発電を行えば、電力会社に比べコストを半減することも可能なのです。
 
日本の電力会社の電気代はなぜ高いのでしょうか?
もちろん高品質なサービスを提供していることもありますが、以前にもお話したように、電力会社は地域独占が認められ、競争がなかったことが電気代が高い理由だと思われます。
 
欧米では当たり前になっていることですが、日本では、効率のよい地域内発電システム=コジェネーションがようやく普及し始めた段階です。
 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る