必見!電気節約術

  1. 省エネ住宅と壁

    省エネ住宅と断熱性を考えたとき、窓やドアなどに同じく壁も重要な対策ポイントとなります。住宅の新築時やリフォーム時に壁の断熱対策をしっかりしておけば、冷暖房の効果を高めることができます。 壁の断熱には外張り断熱と充填断熱があります。

  2. 省エネ住宅と窓ガラス

    窓は住宅の中で、とても大切な部分です。例えば、外気を取り入れたり、日射を取り入れたり・・・ しかし窓は熱伝導がよいため、外気の厳しい寒さや暑さの影響まで室内にもたらします。そのため窓によっては室内の冷暖房効果を大きく下げる場合もあり、多くのエネルギーを消費することになります。

  3. 省エネ住宅と窓

    住宅における窓の役割の一つに、太陽の光と熱を取り入れるということが挙げられます。 室内の温度は外気の侵入の度合いが大きく影響してきます。それは、窓は隙間ができやすく、また日射が入る場所であり、そして壁と比べて熱伝導もよい部分であるからです。

  4. 省エネ住宅と次世代省エネルギー基準

    1990年代に入ると地球温暖化のもたらす問題が指摘され始め、世界各国で防止対策が講じられるようになりました。日本も例外ではなく、地球温暖化の防止対策の一つとして、各家庭における消費エネルギーを削減する取り組みが始まりました。

  5. 省エネ住宅と省エネ法

    住宅では冷暖房、給油、冷蔵庫の家電製品などさまざまなところでエネルギーを消費しています。生活における消費エネルギーを少なく抑えられるよう配慮された住宅を省エネ住宅呼んでいます。国土交通省ではエネルギー消費量を少なくするために、省エネ法によって基準を定めました。

  6. 冷蔵庫の節約術

    電気代の節約で、かなり素人とプロの差が出るのが、冷蔵庫です。冷蔵庫のどこに節約術の要素があるのか?と思う方はいるでしょう。しかし、実はこの冷蔵庫こそが、電気代節約術の鍵を握るところです。 まず、冷蔵庫には基本的に満杯になるまで物を詰めることはすべきではありません。

  7. 蛍光灯で節約術

    電気代を節約する節約術では、照明に関しても考慮すべき点が多々あります。比較的電気を食う量が少ないと思われがちな照明ですが、この照明をどうするかで結構な額の節約が可能です。 まず、基本的なところとしては、使わない部屋の電気は消す。これだけで年間数百円の節約です。

  8. エアコンを使わずに済む方法

    冷房と比較すると、暖房はそれほど節約術として語られる事が多くないかもしれませんが、暖房でもかなり節約が可能です。 まず、こたつですが、普通こたつは掛け布団のみですよね。そこに敷き蒲団や毛布を併用する事で、一気に温度が逃げにくくなります。よって、温度を下げでも快適な暖を取ることができるのです。

  9. コンセントとエアコン

    日常生活の中で節約術が最も活かせるのは、電気代かもしれません。一見どうしようもないと思われがちな電気ですが、節約のプロに言わせれば、電気代ほど簡単に浮かせられるものはありません。では実際にどのような節約術があるのか、解説していきましょう。まず、誰にでもできる節約術からご紹介します。

  10. エアコンの温度

    電気代の節約というのは、一つの節約術で一気に一月千円、というわけではありません。あらゆる節約術を駆使することで、少しずつ削っていく事になります。一見面倒ですが、多くの節約術は特に労力も使う事無くできる事です。意識するかしないかだけの差なので、是非活用してください。

ページ上部へ戻る