電気の豆知識

  1. ソーラーLED

    照明を付ける時に電気が必要ですが、それは同時に電気工事を伴うことになります。 街角だけではなく、玄関や門扉のところに照明を付けようとすると、照明以外の部分の費用が無視できないということです。 そこで最近流行りのソーラーLEDを紹介します。

  2. LEDと蛍光管

    蛍光管というのはその構造として、ガラス管の中に水銀が蒸気となって封入されています。 ですから、ガラスが割れるとその水銀が大気中に散らばってしまうという問題もあります。 LEDを使った蛍光灯は鉛を使わずに作られていますから、省エネだけではなく環境にも配慮した製品と言えるのです。

  3. LEDの投光器

    投光器とは、屋外などで昼間のように明るく照らす照明器具のことです。 通常はハロゲンランプが使用されています。 使用目的は主に業務用で明るく照らすことが重要なので、省エネのために暗くすると言う訳にはいきません。 ですから、煌々と照らすためにはかなりの電気を消費しているのです。

  4. 自転車用ライト

    夜間に自転車を乗る人にとって、ライトは必需品です。一昔前は、ほとんどの自転車の前輪に、車輪の回転により発電し発光する電球タイプのライトが付いていましたが、LEDライトの普及により最近ではめっきり見かけることがなってきました。

  5. 水銀灯に代わるLED照明

    工場や駐車場など夜でも明るく照らす必要のあるところでは、一般的に水銀灯が多く使用されています。水銀灯の発光原理は白熱電球とほぼ同じですから、消費電力もかなりのものになります。学生の時に経験ある方も多いと思いますが、体育館でも使用されていますね。明るくなるまでにしばらく時間がかかるのも特徴です。

  6. LED懐中電灯

    懐中電灯はどこのご家庭にもひとつはあるのではないでしょうか。一般的に乾電池を使用していて、豆電球を点灯させるようになっています。プロ用の懐中電灯は現在ではほとんどがLEDを使用したものになってきています。レスキュー隊や警察などでは明るい照明が長時間必要となります。

  7. LEDの看板

    ビルの屋上などでは、昔から宣伝のための「ネオンサイン」が光っていました。その名の通りネオン管を使用して文字などを作っています。蛍光灯と同じような仕組みですから、電気代はかなりかかってしまいます。

  8. LEDのイルミネーション

    クリスマスが近づくと、街のあちらこちらでイルミネーションを見かけるようになりますね。少し前までは、イルミネーションのほとんどが白熱電球でしたから、触ると少し熱いぐらいでした。たくさんの電気を消費していたのです。しかし、最近ではほとんどがLEDに代わっています。

  9. LEDのルームランプ

    最近では、省エネ対策として、エコカーやハイブリッドカーを購入する方や検討している方が非常に多いと思います。エコカーに乗っている方もそうでない方も自動車で省エネ効果を高める方法があります。それは「消費する電力を減らす」です。その一つとしてルームランプをLED化するというものがあります。

  10. LEDの信号機

    信号機は年中無休で点灯しているので、日本全国で考えるとその電気量は膨大なものなることが想像つくでしょう。信号機は今までは電球を使用していましが、LEDが開発されたことで、LED化が急速に進められるようになりました。国からの補助も出るようになっています。

ページ上部へ戻る